スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核問題

早くなくならないかなー

核の素って理系の大学の研究室で普通に作ることができるらしい

それが原子で例えば原子力発電などで使うことができるんだって.
アバウトなんで、少し違うかもしれないけど・・

平和にするための裏側には人を全滅させることができるって思うと平和って何かとか、もうわからないよね

広島や長崎のあの日を忘れちゃいけないと思う
無駄にしたくないから全力で止めたいよね


戦争の痕を作ったのはなんだかんだ先進国の国だと私は思います.

平和になる日来るといいな

人が優しくなったら、人が自分のことだけじゃなくて他人のことを考えられたら何か変わるんじゃないかな、

でも人間の心理として1番大切なのは自分なんだって.

あたしもそうだし、実際

だから難しいんだよね
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!!

いつも楽しみに見させてもらってました!

今回は自分もすごく関心のある“平和”についてだったので

思わず投稿しちゃいました。

自分は世界がなかなか平和といわれる状態にならないのは、

“宗教”が多様に存在するからだと考えています。

宗教によって“平和”の概念がぜんぜん違いますからね・・・

なんとか人間同士が戦わなくていい世界になってほしいですね。

 今朝(5日)テレビで、『21世紀の歴史―未来の人類から見た世界』という本が世界中でベストセラーになっているフランスのジャック・アタリという経済学者・思想家のインタビューを観ました。

 その中でアタリ氏は、「21世紀は人に奉仕すること、人に喜んでもらおうとすることを職業とする人が増える」と言い、その例としてレストランはそこのご飯を食べたお客が喜んでくれなければ、客が増えなくて潰れてしまう、客に喜んでもらうことが経済活動と結びついている、という意のことを言ってました。(うろ憶えで申し訳ありませんが)

 これを聞いて、彼の考える〔他者への奉仕〕という概念の広さに、「ヘーッ」となんか感心してしまいました。ぼくら、奉仕っつーと、すぐ無償のボランティアとか、そういうことを考えますからね。

 アタリ氏の考えでいくと、韓さんも人に奉仕する、人に喜んでもらうことを職業としているわけで、自分で思っているほど利己的という訳ではないのではありませんか?

 それと、他者への優しさということですが、ぼくは孔子の説く人間の性善説には賛成しません。でも、「井戸に落ちた子供を見たら、誰だって助けようとするはず」という彼の言い分には、ちょっと説得力があると思います。

 子供の頃は誰だって平和主義者なのに、それが大人になるとそうでなくなるのは何故でしょうね? 理想のない人間は世界を良い方向変えられませんよね。

 長々と書いてゴメンナサイ。

No title

実際自分が一番だ。

しかしそれを間違って考えてる人がたくさんいる。

なにもかも自己中心的に考るのは間違いだ。

もし戦争をするのであれば核など使わずに何か違うやり方で争ってほしい。

平和を願っていても資源や経済など色々な問題で争ってしまう。

化学は進歩しても人の心は進歩しないね。

No title

核兵器は持てば戦争に対しての抑止力になる、って考えがそもそも間違いだよね。
それで結局、インドやパキスタンも核、持っちゃったし。
イスラエルは公式には持ってない、ってことになってるけど持ってるとも噂されるし。
そして北朝鮮も。

皆、核の悲惨さを本当に知っているのかな? と思う。

本当、広島と長崎のことを教訓にしてほしいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 平和って難しいですね。

人は、自分に余裕がない時、思いやりとか

忘れてしまうからね。

 世界中のみんなが豊かで余裕があれば、核や戦争が無くなる

かもしれませんね。

 

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。